住まい手の声

矢野工務店の住まいで暮らす方々に伺いました

2017.06.02

自分らしく暮らす

四万十町K様

いつも気になっていた家が矢野さんの家でした

アパート暮らしをされていたKさん。3人目が生まれてその頃から家づくりを意識するようになったといいます。そんなとき、ちょうど旦那様のお母様から『かわいい家あるからホームページみて』と紹介されたのが矢野工務店でした。「たまたま行き来する道にある家がかわいいなーってよく通りながら見ていたんですが、なんとそこも矢野工務店さんで、とりあえず矢野工務店さんに連絡して!という感じでした(笑)。」とKさん。センスがぴったり合ったKさんと矢野工務店の家づくりはこうしてスタートしました。

一緒になって家づくり

人気のサーファーズカフェを彷彿させるインテリアは奥様のセンスとアイディア。「どうしてもカウンターキッチンにしたくて。子供も3人いて友達とかもくるので、リビングは走り回れる部屋というカタチにしたくて、テーブルも椅子もなくてカウンターで食べるカタチにしたんです」と奥様。「カタチになるまではなかなか想像できなくて、できていく過程で現場で『やっぱりこれはこっちにしたい』とか、『この色にしたい』とか、突然突っ込みながら直前直前で決めさせていただいたんです。それを嫌な顔ひとつせず、一緒になって考えてくれたのが本当によかったです。」

感動の暖かさがある家

そんなこだわりが詰まったKさんの家ですが、住み心地も抜群のよう。「びっくりするくらい冬は暖かいと聞かされていたんです。ほとんど冬の間は暖房とかの器具を一切使わず、寝るときは何も使わず布団だけで寝れるというくらい暖かくて、それがすごく感動しました。」と奥様。「以前のアパートはお風呂上がりの寒さが一番嫌だったんですが、お風呂上がりの寒さはもちろん、朝の寒さとかそういうのが全然なくて、朝起きた時の調子もよくてそれがすごいと思いました。」その快適さに一役買っているのが、高性能な樹脂サッシ。「雪も積もるようなところなので樹脂サッシをおすすめしてもらったんですが、気密性もよくて、快適に過ごせています。」

ライフスタイルと心地よさ、その両方を手に入れたKさん、家のなかだけでなく庭や玄関先でも元気なお子さんたちとのにこやかな暮らしが広がっていました。

movie

User’s Info

K様/竣工年:2016年/所在地:四万十町/家族構成:ご夫婦+お子様3人


関連記事
  • こだわりに+αで応える家づくり

  • 子供の気配を感じる住まい

  • 緑に包まれて暮らす

  • まとまりのある空間でのゆたかな暮らし

この記事をシェア